基礎代謝向上

プラセンタには動物性と植物性、海洋性が

プラセンタにはさまざまな種類が存在します。
まず代表的な種類が動物性プラセンタと呼ばれるもので、この種類には豚プラセンタをはじめ、馬、羊、牛などが含まれます。
この中でも豚タイプは、豚が人間の体と相性のいい動物であることや、牛タイプが狂牛病問題で用いられることが少なくなってきたことから多く用いられています。

さらに馬タイプには美容に大きな効果を発揮するアミノ酸が豚タイプの数倍豊富に含まれていることがわかっています。
しかし動物性は感染症に感染するリスクが存在することが欠点です。
また大豆やライ麦、トウモロコシやアセロラから抽出したプラセンタを植物性プラセンタと呼びます。

このプラセンタは植物に語源である胎盤が存在しないので、植物が成長する際に実の栄養分となる胎座と呼ばれる部位からの抽出物です。
植物性にもビタミンやミネラル、アミノ酸が多く含まれているので美容効果を期待することができ、さらに動物性を体に摂取するときに心配な感染症に感染するリスクがありません。
しかし植物性にはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果が存在しないため、効力は動物性よりも小さいとされています。

さらに、海洋性プラセンタと呼ばれるものも存在します。
この種類は鮭の卵巣膜からの抽出物であり、ここには6種類のアミノ酸が含まれている馬タイプよりも多い9種類のアミノ酸が含まれています。
しかしこの海洋性には動物性に含まれている成長因子が含まれていないため、動物性が苦手な人に適したものであるとされます。

これら3つの種類のプラセンタはそれぞれ特徴も効力も様々です。
様々な症状に効果を発揮する成分なので、3つのプラセンタの特性を知り、自分の用途に合った種類が含まれた製品を購入することが妥当です。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い素晴らしい栄養素 All Rights Reserved.